一般社団法人日本補償コンサルタント協会の全国10支部の1つで、東北六県(青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島)の会員にて構成されています。

   
   
 ■1.補償講座について
 




支部では、仙台工科門学校の「環境土木工学科」の2年生を対象に、「補償講座」を開設しています。
 (一社)日本補償コンサルタント協会において、補償コンサルタントに従事する者の底辺の拡充及び資質の向上を図ることを目的とし、平成9年度から全国の測量専門学校等において補償講座を開設しているところです
 

 養成目的としては、公共事業に必要な土地等の取得若しくは使用、これに伴う損失の補償に関する基礎的な知識を養成することにより、補償コンサルタントとしての優秀な人材の確保に資することを目的としています。
 

 本件は、平成8年2月28日協会本部の理事会において決定され平成9年度から実施されているところです。
 

 当支部におきましても、毎年4月から7月末まで、60コマ45時間、用地補償に係る法令等、補償基準、土地収用法等用地補償業務全般にわたり、基礎的な事柄を講義しているところです。

 ■2.当協会認定の補償業務管理士との関連について
  補償業務管理士の資格制度と、資格取得までの流れは後述するとおりですが、当補償講座を受講し、当該専門学校を卒業した者は、共通科目の研修を受講したのもとみなして、卒業した日から起算して7年を経過する日までの間、共通科目の研修を免除される補償業務管理士受験の特典を受けられることになっています。
 したがって、会員の会社のなかで補償講座を受けられている方がおりましたら、補償業務管理士の資格取得に是非挑戦させて下さい

 ■3.開設校
     仙台工科専門学校

〒980-0021 仙台市青葉区中央4−3−14
         北杜学園中央校舎5号館
         TEL 022-217-1180

補償講座講師履歴書(原稿)